Chapter 1: Ido and Makaku — Part 5

Chapter 1: Ido and Makaku — Part 5

The following contains the dialogue during and after Gally’s first fight with Makaku, and when she first receives the Berserker Body.

Translation Notes:

Makaku is a bit different from how he is in the manga.  I guess it was too difficult for the game’s developers to have his head eject from his body.  In any case, he speaks rather monstrously.  He growls a lot and his speech is very slurred, often inarticulate.  Overall, sounds like a giant, demented monster.  In this translation, I felt that putting all of his lines in bold makes him sound louder and more monstrous.  A lot of his lines are in capitals too, though some are not, as to make him sound unstable.

Looking ahead to the possibility of patching the game in English, if the text cannot be placed in bold to a good effect, maybe it should be put in capital letters.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:!?

GALLY:  !?

ガリィ:もしかして、こいつが・・・マカクとかいうヤツか?

GALLY: Maybe that’s… “Makaku”?

ガリィ:・・・お前が・・・マカクかッ!?

GALLY: …Are you… Makaku!?

マカク:グァハハハァッ!!

MAKAKU: GWAHAHAHA!!

落ちついて・・・

Calm down…

自分の中の強い自分を信じるんだッ!

Believe in your own strength!

[GALLY DEFEATS MAKAKU]

マカク:グルウウウウウウ・・・

MAKAKU: Gruuuhhh…

イド:ガッ・・・!?ガリィ!

IDO: G-Gally!?

ガリィ:く・・・っ!

Gally: Guh…

イド:ガリィ!大丈夫か?

IDO: Gally!  Are you okay?

イド:う・・・頭蓋骨にヒビか入っている。

IDO: Ah– There’s a crack in her skull.

イド:危険だ・・・早く手当しないと・・・

IDO: This is bad… Gotta treat it right away…

イド:それにしても・・・無茶をする。

[TL Notes] I’m thinking about changing this translation to something like “Oh Gally… How reckless of you.”  それにしても means something like “But still”, but I feel that having him say “But still…How could she be so reckless?” sounds a little cold-hearted in English.  But I’m not sure.

IDO: But still… How could she be so reckless?

このボディは、戦閾用にデザインされていないのに、いきなりこんな化け物と・・・

[TL Notes] More literal: “This body isn’t designed for combat… But suddenly (challenging) a monster like this…”

Using a body that wasn’t designed for combat to challenge a monster like this…

イド:なッ・・・!?

IDO: Wha–!?

マカク:グルォォォ・・・

MAKAKU: GROOOAR…

マカク:グバハハァ!

MAKAKU: GWAHAHA!

マカク:グアハッハハハハハァーッ!

MAKAKU: GWAHAHAHAHAHA!

イド:うああああ!

IDO: AAAUGH!

イド:ばっ・・・馬鹿な・・・

IDO: I-Impossible…

イド:あれだけのダメージを受けて・・・まさか立ち上がって来るとは・・・

IDO: After taking that much damage…how can you stand…?

イド:こっ、こいつは・・・ただのサイボーグじゃない・・・!?

IDO: Y-you’re no… ordinary cyborg, are you…!?

マカク:どこの・・・

MAKAKU: NOBODY

マカク:誰だろうと・・・

MAKAKU: CAN STRANGLE

マカク:このマカク様の息の根を止めることはできねェ!

MAKAKU: THE LIFE OUT OF THE GREAT MAKAKU!

マカク:できねェんだよォォ!!グアハハア!!

MAKAKU: NOBOODDYY!! GWAHAHAA!!

イド:マ、マカク・・・だと?

IDO: M-Makaku…!?

マカク:グッ・・・ググムゥゥ!!

MAKAKU: Guh… G-GUHHH!!

マカク:いッ痛でぇ・・・のっ・・・脳ミソだッ!

MAKAKU: IT HURTS…BR…BRAINS!

マカク:脳ミソ喰わねぇとォォッ!!

MAKAKU: MUST EAT BRAAIINNSS!!

イド:く・・・くそッ!!

IDO: Sh-Shit!!

マカク:グ・・・ググ・・・

MAKAKU: G…G-Guh…

マカク:痛ぇ・・・痛ぇぇェェーッ!

MAKAKU: Pain…P-PAIINN!

マカク:エ・・・エンドルフィンが・・・エンドルフィンが足んねえーッ!!

MAKAKU: E-Endorphins… NOT ENOUGH ENDORPHIIINS!!

マカク:ググ・・・グフーッ・・・

MAKAKU: G-G…GUHH…

マカク:グゥルルー・・・今日のところは、見逃してやろォ・・・だがなァーッ!!

MAKAKU: Grrrr… Today, I let you go… BUT!!

マカク:貴様とその娘の顔、しっかりこの眼(マナコ)に焼きつけたァ!!

MAKAKU: I’VE BURNED YOU AND THAT GIRL’S FACE INTO THIS EYE!!

マカク:忘れんぞー!

MAKAKU: I WON’T FORGET!

マカク:必ず!

MAKAKU: WITHOUT FAIL!

マカク:必ず貴様らの脳ミソ、ペロペロすすりなめてやるぜー!!

MAKAKU: WITHOUT FAIL, I’LL SLURP THOSE BRAINS OF YOURS!!

マカク:グアハハハはアーッ!

MAKAKU: GWAHAHAHAHAAA!

イド:・・・おぞましい奴・・・

IDO: …Damn, he’s scary..

イド:・・・ウワサには聞いていたが・・・

IDO: …I’d heard rumors about him…

長年、賞金首リストにのりながらハンターの誰もが手を出すのをためらうという・・・

[TL Notes] This translation sounds kind of awkward.  Might change it later.

He’s been on the Bounty List for years, but every Hunter’s balked at the chance to try their hand at him…

イド:マカク・・・奴が・・・

IDO: Makaku…So that’s him…

イド:ガッ・・・!?ガリィ!

IDO: G-Gally!

イド:は・・・初仕事にしちゃっでかすぎる獲物に当たっちゃったね・・・

IDO: …Took on more than you could handle, first time out…

イド:ハハ・・・運が悪かったかな・・・

IDO: Hah, hah… Bad luck, I guess…

イド:くそっッ!

IDO: Shit!

イド:ガリィ・・・君を・・・こんなことろで朽ちさせはしないッ!!

IDO: Gally… I won’t let you… rot in a place like this!!

イド:君を・・・あんな化け物のエサになどさせんッ!

IDO: I won’t let you… end up a meal for a monster like that!

イド:う・・・ぐぐ・・・

IDO: Ugh… Guh…

イド:ぐあッ

IDO: Gahh

イド:君の・・・体を直さなくちゃ・・・

IDO: I’ve…got to fix your body…

・・・私は一体なんなのだろう・・・

[TL Notes:] I think this is most elegantly translated as “…What am I…”, with emphasis on the word “am”.  If the word “am” cannot be put in bold, then maybe change it to “…What on Earth am I…”

…What am I…

私を突き動かすこのカはどこから来るのだろう!?

This power thrusting me forward… Where does it come from!?

私の中にいる、もう一人の私があがいている!

Inside of me, another me is struggling to break free!

もっと速く!

Faster!

・・・もっと速く飛べはその彼方に答えが見える!

…If I fly faster, I can almost see the answer!

ガリィ:はっ?

GALLY: Huh?

ゴンズ:起きたぞ!

GONZU: She’s up!

イド:ガリィ!

IDO: Gally!

ゴンズ:ど・・・どうだねガリィちゃん?

GONZU: Well… How is it, Gally?

ガリィ:え・・・?

GALLY: Eh?

ガリィ:あ・・・!

GALLY: Ah!

ガリィ:私の新しいい体!

GALLY: My new body!

イド:違和感はないかい?

IDO: Does it feel strange?

ゴンズ・イド:成功だ!!

GONZU, IDO: Success!!

イド:前のボディより見てくれは悪いかもしれないけど戦土のボディだ。

IDO: It might not look as good as the last one, but it’s a warrior’s body.

イド:そのボディには、体内に吸入した空気をアーク放電を利用して高温に加熱、プラスマガスにして指先から高速に噴出する機能を持っているんだ。

[TL Notes] More literal: “This body has a function where it heats air inhaled into the body to high temperatures using arc discharges, then sprays (this air) at high speed from the fingertips as Plasma Gas.”

IDO: This body is capable of using arc discharges to heat inhaled air to high temperatures.  The air is then sprayed at high speed from the fingertips as Plasma Gas.

イド:その15000度C以上の<プラスマジェット>を使えば、敵がかなり頑丈なボディを装備していたとしても、相当のダメージを与えることが出来るだろう。

[TL Notes] More literal: “If you use the “Plasma Jet” at over 15000°C, you can do considerable damage– even if the enemy has a pretty sturdy body.”

IDO: You can do considerable damage– even against enemies with pretty strong bodies– if you use the “Plasma Jet” at over 15000°C.

イド:さらに、発生したプラスマに、強カな磁界をかけ発生する大気の流れをコントロールして拳を加速することによって、攻撃力をかなり増加できるはずだ。

[TL Notes] More literal: “Furthermore, you should be able to increase your Attack significantly by controlling the flow of the air generated from applying a strong magnetic field to the generated plasma to accelerate the fist.”

IDO: Furthermore, if you apply a strong magnetic field to the plasma, you can control the flow of the generated air to accelerate your fist. This should increase your Attack significantly.

イド:具体的に説明すると・・・戦闘中にボタンを押すことにより、プラズマ技を出すことができるようになっているんだ。

IDO: In practical terms… You can use plasma techniques by pressing the Button during battle.

イド:プラズマ技には、様々なタイプのものがあるらしくて、それらは戦闘中に君が置かれている状況によって、様々に変化するはずだ。

IDO: There seem to be various types of plasma techniques, which vary according to the situation faced in battle.

イド:そのへんは、実際にバトルで使ってみて、いろいろ試してみればいいよ。

IDO: So you should try lots of different things in the middle of an actual battle.

イド:もっとも、あのマカクに対してはこれで十分優位に立てる、とはい言いきれないけどね・・・

IDO: But I can’t say this will be enough to defeat Makaku…

ガリィ:解ったわ。それより、イド・・・

GALLY: Got it.  More importantly, Ido…

ガリィ:怪我しちゃったの?

GALLY: Did you get hurt?

ガリィ:あのでかい顔の兄ちゃんにやられたのね?マカクとか言う・・・

[TL Notes] Gally refers to Makaku as “あのでかい顔の兄ちゃん”.  でかい顔 literally means “big-faced”, and figuratively means arrogant.  兄ちゃん literally means big brother, but here has the effect of making Gally sound childish / girly.  I translated でかい顔 as “big-headed”, because it is a similar English phrase which refers to someone who’s arrogant.  In this instance, I translated 兄ちゃん as “bad guy”, thought that it not what 兄ちゃん literally means, because it is alliterative and also makes Gally sound kind of childish.

GALLY: Did that big-headed bad guy beat you up? Makaku, or whatever his name is…

イド:なあに。僕は大丈夫だよ。

IDO: Nah, I’m fine!

ゴンズ:何をのんきなことを・・・

GONZU: How can you be so carefree…

ゴンズ:幸い内臓に傷はついていなかったから出血多量ていどですんだものの・・・

GONZU: You’re lucky you just bled out a lot, without a scratch on your vital organs…

ゴンズ:一歩間違えば、そこらのヤベ医者にサイボーグにされとるところだぞ!

GONZU: But one wrong move and those quack doctors would have made a cyborg out of you!

イド:感謝してるよ。ゴンさん。

IDO:  I’m grateful, Gonzu– Really.

イド:そんなことより、ガリィ。

IDO: It’s nothing you should worry about, Gally.

イド:マカク・・・あの怪物は必ずガリィと僕を殺してやってくるだろう・・・

IDO: Makaku… That monster’s sure to come kill Gally and me…

イド:だが、それについては、僕に考えがある。

IDO: But I have an idea.

イド:この街にいる他のハンター・ウォリアーにも、協力を呼びかけるんだ。きっとカを貸してくれる。

IDO: We’ll call on the other Hunter-Warriors in town for help.  They’re sure to lend us their strength.

イド:ワールドマップ上で選択可能な範囲内に、<カンサス>というバーがあってね。

IDO: There’s a bar called “Kansas” within the selectable range of the World Map.

そこは、このあたりをナワバリにしているハンター・ウォリアー達の溜まり場的な場所になってるんだ。

It’s a hangout for Hunter-Warriors with turfs around here.

イド:ひと休みしたら、僕とそこに行ってみることにしょう。

IDO: After you’ve rested, let’s go there together.

君の出かける準備が整ったら、僕のところまで呼びに来てくれ。わかったかい?

When you’re ready to go out, please call for me.  Got it?

ガリィ:わかったわ!準備ができたら、イドを呼びに来ればいいのね・・・それより・・・

GALLY: Got it! When I’m ready, I’ll call for you… But, more importantly…

ガリィ:マカクのヤツ・・・イドをこんなにして・・・

GALLY: Makaku… Did such a thing to Ido…

ガリィ:ガリィ許さない!野郎!今度会ったら絶対ブッ倒してやる!!

GALLY: Gally won’t forgive you!  Bastard!  The next time we meet, I’ll completely destroy you!!

ゴンズ:ま、まあ落ちついて。

GONZU: H-Hey, calm down.

イド:そんなに熱くならなくても、ヤツとはいずれケリをつけることになるさ。

[TL Notes] Not confident about this translation.

IDO: You don’t have to get so heated.  Either way, that guy’s going to put an end to things with us.

イド:だけど、ヤツも先日の戦闘で少なからずダメージを受けているから、多分すぐには襲って来れないだろうと思う。

IDO: However, he took a good deal of damage in the other day’s battle.  So I think he probably won’t attack us right away.

そのスキにカンサスで仲間を集めて、反撃の態勢を整えておく必要があるんだ。わかったかい?

We’ll have to assemble our compadres at Kansas in order to mount a counter-attack.  Got it?

イド:さあ、ガリィ。今のうちに少し休んでおくといい。

IDO: So, Gally.  You should rest a bit for now.

ガリィ:イド・・・ゴンズさんも、長い手術で疲れきってるんでしょ?ゆっくり休んでね。

GALLY: Ido… Mr. Gonzu… Aren’t you exhausted from the long surgery?  Please, rest well.

[GALLY EXITS BUILDING]

ゴンズ:びっくりしたな・・・ガリィちゃんがあんなことをいいだすなんて・・・

GONZU: That’s surprising… Wasn’t expecting little Gally to say somethin’ like that…

イド:<狂戦士(バーサーカー)>のボディを着けたことが心に反映してしまっているのだろうか?少し大人びてきたようだ・・・

IDO: I wonder if the Berserker’s Body started to affect her mind…  She seems to have grown up a little bit…

ゴンズ:<狂戦士(バーサーカー)>のボディか・・・

GONZU: The “Berserker’s Body”…?

ゴンズ:おまえの地コレクションルームにあんなものが眠っていたとはなあ・・・

GONZU: So that’s what was sleeping in your collection room…

イド:あれを見つけたのは、数年前・・・西の峡谷でのことだ。

IDO: I found it several years ago, in a ravine to the west.

イド:僕は谷底で宙船を見つけた。宇宙船を見るのは初めてだったが、それが戦閾艇であることはすぐにわかった。

IDO:  At the bottom of the ravine, I discovered a spaceship.  It was the first time I had ever seen a spaceship, but I soon realized that it was built for battle.

イド:昔、宇宙で戦争があったんだ・・・

IDO: Long ago, there was once a war in space…

イド:バーサーカーボディは、その朽ち果てた船内で見つけた。

IDO: I found the Berserker’s Body in the remains of that ship.

イド:今では失われてしまった高度な工業技と職人芸によってつけられた芸術品だった。

IDO: It was a work of art, created with advanced technology and craftsmanship that have since been lost.

イド:僕は魅せられ、ここへと持ち帰った。

IDO: I was fascinated, and brought it back here.

イド:しかし、構造を研究するにつれて、そのボディの設計思想が、ただ人間を効率のいい兵器に仕立て上げるだけのマシン・・・

[TL Notes] More literal: “But, as I studied its structure, (I realized that) the sole purpose of this body was to be a machine that makes a human being into an efficient weapon…”

IDO: But, as I studied its structure, I realized that this body was designed for the sole purpose of turning a human being into an efficient weapon…

凶器として作られたことが解ってきた。

I realized it was made as a murder weapon.

イド:かつての戦争では、健康な生身の兵仕を改造し<狂戦士(バーサーカー)>として送りこんだという。

They say that in this former war, healthy living soldiers were remade into “Berserkers” and sent into battle.

僕は、人間をただの道具におとしめる行為を許せなくてあのボディをこの地下室に封印したんだ・・・

I could not forgive the act of turning humans into tools of war, and locked that body away in this basement…

ゴンズ:そ・・・それをよくガリィに着けてやる気になったな。

[TL Notes] Might change this translation…

GONZU: B-But you’ve still made up your mind to attach this to Gally?

イド:・・・わからない・・・僕は間違っているのかも・・・

IDO: I don’t know… Maybe I’m wrong…

イド:ただはっきりしている事は、ガリィは<カ>の使い方を知っている。

IDO: But one thing is clear– Gally knows how to use power.

イド:今僕がしてやれることは、<カ>を与えてやることだ。

IDO: All I can do now is give her that power.

Announcement

Hi all.  I’ve been encountering problems trying to emulate GUNNM Martian Memory on my computer.  Whenever I try to play, the game initially works, but eventually starts to freeze around the point where I fight Makaku.  Every time the screen fades to black with a spinning Chip in the bottom right corner, the game freezes and the Chip gets stuck in frozen position.

Luckily, I will be able to continue translating the main script of the game using videos of the game’s playthrough.  However, this means that I might not be able to translate the optional dialogue of the game.  And, I won’t be able to include screenshots in my posts anymore.  Oh well.

Chapter 1: Ido and Makaku — Part 4

Chapter 1: Ido and Makaku — Part 4

Translation Notes:

How frustrating… I included “literal” translations for many lines of dialogue, but WordPress deleted all of them…  This is the first real problem I’ve encountered with WordPress.

Anyways, the following contains all of the possible conversations Gally can hold with the Netman and Deckmen in Factory 33.

Netmen and Deckmen both have quirks in their speech, which make them sound kind of funny.  Translating speech quirks is always a challenge, as nuances are lost when trying to come up with an equivalent in English.

The Netman that Gally encounters in Factory 33 uses the first-person pronoun 我 and ends most sentences in 〜べし.  我 is an old-fashioned first-person pronoun that really isn’t used in real life by people very much anymore.  If someone were to use it, they would probably be from an older generation.  And it’s generally not used outside of certain circumstances.   〜べし is an archaic sentence ending.  I actually don’t know very much about its usage, so I did a little bit of research: [1][2][3].  My conclusion is that it’s just another quirk that makes Netman sound formal and old-fashioned, but also quite strange.  For these reasons, I translated Netman’s speech such that he speaks loosely in Middle English.

The Deckmen end their sentences in 〜ぢゅ.  As far as I know, this just has the effect of making them sound funny. I don’t think this effect is translated well by adding “ju” to the end of every sentence, because the sentence structure of English is different from Japanese.  So I translated this effect the way the Viz translation of Last Order (and parts of the original GUNNM) did: replace some of their “R” and “L” sounds with “W”s.

Also, Deckmen tend to refer to Gally as ベイビー, which is just the loan word “Baby”.  I translated ベイビー as “Baby”, but maybe it’s better to translate it into a different language to preserve the effect of using a loan word.

Notes about specific lines of dialogue:

デッキマン:冷やかしならさっさと消えるぢゅ!

When the Deckman says 冷やかし, he’s calling Gally someone who comes to the cylinder and just looks around, instead of actually getting registered.  The full phrase is something a store owner might say to someone looking around their shop without buying anything, in order to make them go away.

ガリィ:それは・・・

ガリィ:自分自身のために・・・

These lines literally mean: “That is… for my own sake…”  In English, this doesn’t sound very good as a response to the questions “Why’d you wanna be a Hunter, Baby? ” or “Why fight? For what sake?”  I translated it as “I fight… for my own sake!”, because this sounds like a more natural response in English.

デッキマン:そのかわりと言ってはなんだが・・・私は他のシリンダーの事務的なデッキマンと違って比較的陽気なんだぢゅ。

Please correct me if I’m wrong about this.  I believe that そのかわりと言ってはなんだが means something like “If I may say (something else)”.  Unless I’m mistaken, I think it is a polite way of changing topics.

デッキマン:ハロハロ!ハ〜ロ〜ォ〜!ベイビ〜!

Instead of translating ハロ as “Hello”, I translated it as “Bonjour”.  This was to preserve the effect of Deckman using a non-native language.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[GALLY TRIES TO SPEAK TO IDO AGAIN, BUT THE DOOR IS LOCKED]

ガリィ:イドのばかっ!

GALLY: Ido, you idiot!

ガリィ:私・・・絶対ハンター・ウォリアーになるっ!だって・・・

GALLY: I… I’m gonna become a Hunter-Warrior no matter what!  Because…

ガリィ:ただ与えられただけの幸せだけじゃ、生きている実感がないんだもん!

GALLY: A life of nothing but happiness is no way to live!

[GALLY TRIES TO SPEAK TO IDO AGAIN]

ガリィ:イドのばかっ!

GALLY: Ido, you idiot!

[GALLY –> STREET –> THE SITE OF THE MUTANT WOMAN FIGHT –> ALLEYWAY TO THE RIGHT OF THE BOTTOM OF THE STEPS]

(THE WORLD MAP OPENS)

—————————————-
クズ鉄町東部地区
イド・ダイスケ整備処
ストリート
ファクトリー33
—————————————-
SCRAP IRON CITY: EASTERN DISTRICT
IDO DAISUKE’S REPAIR SHOP
STREET
FACTORY 33
—————————————-

[GALLY GOES TO FACTORY 33, AND ENTERS THE BUILDING]

[GALLY SPEAKS TO THE NETMAN]

ネットマン:ここはファクトリー33だべし。

NETMAN:  HEER IS FACTORY 33.

ネットマン:クズ鉄町市民への応対は全て、対人インターフェイス<デッキマン>が執り行うと知るべし。

NETMAN: KNOW THAT T’IS THE INTERPERSONAL INTERFACES– THE “DECKMEN”— WHO ATTEND ON ALL CITIZENS’ AFFAIRS.

ネットマン:<デッキマン>は、この回廊の左右にあるシリンダールームにて、それぞれ待機しているべし。

NETMAN:  THE “DECKMEN” WAITETH IN THE CYLINDER ROOMS LEFT AND RIGHT OF THIS CORRIDOR.

ネットマン:目的の業務を執り行うデッキマンが収められた、シリンダーに対して〇ボタンを押すべし。

NETMAN: PRESSE THE  BUTTON BEFORE THE CYLINDER WHICH CONTAINETH THE DECKMAN WHOSE SERVICES THOU DOST SEEK.

ネットマン:担当のデッキマンが出現するので、用件を伝えるべし。

NETMAN:  AS THE DECKMAN OF THIS CHARGE APPEARS, STATE THY BUSINESS.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
ところで・・・お前は何者なの?
デッキマンに頼めばいいんだね?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
SO…WHO ARE YOU, EXACTLY?
JUST ASK THE DECKMEN, RIGHT?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(SO…WHO ARE YOU, EXACTLY?)

ネットマン:我が名はネットマン。

NETMAN: MY NAME IS NETMAN.

ネットマン:デッキマンと同じく、ファクトリー管理下にある外部端末ユ二ットだべし。

NETMAN: AKIN TO THE DECKMEN, I AM AN EXTERNAL TERMINAL UNIT UNDER FACTORY CONTROL.

ネットマン:デッキマンがファクトリーの管理業務全般をとりおこなうのに対し、我々ネットマンはクズ鉄町の治安管理がその主たる任務だべし。

NETMAN: DECKMEN OVERSEETH THE GENERAL OPERATIONS OF THE FACTORY, WHEREAS WE NETMEN ARE CHARGED WITH SCRAP IRON CITY’S SECURITY MANAGEMENT.

ネットマン:クズ鉄町の犯罪者の中でも、ファクトリー法に抵触する犯罪を犯した者に関しては、賞金首として賞金首リストに登録されることになるべし。

NETMAN:  CRIMINALS OF SCRAP IRON CITY THAT BRAKE THE FACTORY LAWES SHALL BE REGISTERED AS BOUNTIES ON THE BOUNTY LIST.

ネットマン:その賞金首リストを管理し、ハンター・ウォリアーに告示することが、我々ネットマンのもっとも一般的な業務と知るべし。

NETMAN:  KNOW THAT T’IS WE NETMEN THAT MOST OFTE MANAGE THE BOUNTY LIST AND GIVE NOTICE TO THE HUNTER-WARRIORS.

ガリィ:へえ?・・・そうなんだ・・・

GALLY: Oh?  Is that so…

ガリィ:その賞金首リストっていうの・・・ちょっと見せてもらっていいかな?

GALLY: May I… take a peek at this Bounty List?

ネットマン:まずはハンター・ウォリアーの登録を済ませるべし。

NETMAN: FIRST, THOU SHALT REGISTER AS A HUNTER-WARRIOR.

ネットマン:それから見ても、遅くはないと知るべし。

NETMAN: THEREAFTER, THOU MAYEST SEE THE LIST.

ガリィ:分かったよ。とりあえず、ハンター・ウォリアーへの登録をしてくるよ。

GALLY: Got it.  Then, I’ll go register as a Hunter-Warrior right away.

ガリィ:向かって左の部屋のデッキマンに、頼めばいいんだね?

GALLY: Just ask the Deckmen in the room on the left, right?

(JUST ASK THE DECKMEN, RIGHT?)

ガリィ:分かったよ。とりあえず、ハンター・ウォリアーへの登録をしてくるよ。

GALLY:  Got it.  Then, I’ll go register as a Hunter-Warrior right away.

ガリィ:向かって左の部屋のデッキマンに、頼めばいいんだね?

GALLY: Just ask the Deckmen in the room on the left, right?

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 1]

デッキマン:この1番シリンダーでは、データのセーブをおこなってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #1 IS… WHERE YOU CAN SAVE THE GAME!

デッキマン:ただし、ハンター・ウォリアー以外の市民は、利用することができないぢゅ!

DECKMAN:  BUT IT’S ONLY AVAIWABLE TO HUNTER-WARRIORS!

デッキマン:ハンター・ウォリアーへの登録は、3番シリンダーにて受け付けているぢゅ!

DECKMAN:  TO WEGISTER AS A HUNTER-WARRIOR… GO TO CYWINDER #3!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 2]

デッキマン:この2番シリンダーでは、賞金首の換金をおこなってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #2 IS… WHERE YOU CAN WEDEEM BOUNTIES!

デッキマン:ただし、ハンター・ウォリアー以外の市民は、利用することができないぢゅ!

DECKMAN: BUT IT’S ONLY AVAIWABLE TO HUNTER-WARRIORS!

デッキマン:ハンター・ウォリアーへの登録は、3番シリンダーにて受け付けているぢゅ!

DECKMAN: TO WEGISTER AS A HUNTER-WARRIOR… GO TO CYWINDER #3!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 4]

デッキマン:この4番シリンダーでは、アイテム類を扱ってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #4 IS… THE ITEM SHOP!

デッキマン:ただし、ハンター・ウォリアー以外の市民は、利用することができないぢゅ!

DECKMAN: BUT IT’S ONLY AVAIWABLE TO HUNTER-WARRIORS!

デッキマン:ハンター・ウォリアーへの登録は、3番シリンダーにて受け付けているぢゅ!

DECKMAN: TO WEGISTER AS A HUNTER-WARRIOR… GO TO CYWINDER #3!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 5]

デッキマン:この5番シリンダーでは、武器類を扱ってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #5 IS… THE WEAPONS SHOP!

デッキマン:ただし、ハンター・ウォリアー以外の市民は、利用することができないぢゅ!

DECKMAN: BUT IT’S ONLY AVAIWABLE TO HUNTER-WARRIORS!

デッキマン:ハンター・ウォリアーへの登録は、3番シリンダーにて受け付けているぢゅ!

DECKMAN: TO WEGISTER AS A HUNTER-WARRIOR… GO TO CYWINDER #3!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 6]

デッキマン:この6番シリンダーではサイバネ屋として機能してるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #6 IS… THE CYBER SHOP!

デッキマン:ただし、ハンター・ウォリアー以外の市民は、利用することができないぢゅ!

DECKMAN: BUT IT’S ONLY AVAIWABLE TO HUNTER-WARRIORS!

デッキマン:ハンター・ウォリアーへの登録は、3番シリンダーにて受け付けているぢゅ!

DECKMAN: TO WEGISTER AS A HUNTER-WARRIOR… GO TO CYWINDER #3!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 3]

デッキマン:何の用だぢゅ?

DECKMAN: WHAT DO YOU WANT?

ここではハンター・ウォリアーの登録受付をおかなってるぢゅ。

THIS IS WHERE HUNTER-WARRIOR WEGISTWATIONS ARE ISSUED.

ハンター・ウォリアーの登録をおこなうかぢゅ?

ARE YOU GOING TO WEGISTER AS A HUNTER-WARRIOR?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
ハンター・ウォリアーの登録をお願いするわ。
まだ踏ん切りがついてないんだ。またお願いするよ。
登録って・・・具体的にはどうすればいいの?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
PLEASE REGISTER ME AS A HUNTER-WARRIOR.
I STILL HAVEN’T MADE UP MY MIND.  PLEASE LET ME COME BACK LATER!
HOW EXACTLY DOES REGISTRATION WORK…?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(I STILL HAVEN’T MADE UP MY MIND.  PLEASE LET ME COME BACK LATER!)

デッキマン:冷やかしならさっさと消えるぢゅ!

DECKMAN: NO WINDOW-SHOPPING!  GET WOST!

(HOW EXACTLY DOES REGISTRATION WORK…?)

じゃ、説明するからよく聞くぢゅ!

WELL, LISTEN CAWEFULLY WHILE I EXPWAIN!

ハンター・ウォリアーの登録は、性別・年齢等による制限はないから、賞金首リストに載ってさえいなければどんな人間でもなることができるぢゅ。

HUNTER-WARRIOR WEGISTWATION IS NOT WESTRICTED BY GENDER OR AGE.  ANYBODY CAN WEGISTER– EXCEPT THOSE ON THE BOUNTY LIST!

登録時には、脳内に識別用バーコードを焼き付けるだけなので、痛みもともなわず、一瞬で完了するぢゅ。登録後、外見的な変化も起きないし、免許状が発行されるわけでもないぢゅ。

DURING WEGISTWATION, A BARCODE IS BURNED ON YOUR BWAIN.  IT TAKES ONLY A MOMENT AND IS PAIN-FWEE.  AFTER WEGISTWATION, THERE IS NO CHANGE IN APPEARANCE, AND NO LICENSE IS ISSUED.

バーコードを焼き付けが終われば、その時点でハンター・ウォリアーに登録され、賞金首を倒すことにより賞金のチップを受け取ることができるようになるぢゅ。

ONCE THE BARCODE IS BURNED, YOU ARE WEGISTERED AS A HUNTER-WARRIOR.  THEN, YOU CAN DEFEAT BOUNTIES TO WECEIVE WEWARDS IN CHIPS.

登録についての説明は、だいたいこんなことだぢゅ。

THAT ABOUT SUMMAWIZES HUNTER-WARRIOR WEGISTWATION.

(PLEASE REGISTER ME AS A HUNTER-WARRIOR.)

デッキマン:じゃあ登録を行うので、そこに立つぢゅ!

DECKMAN: THEN, STAND WIGHT THERE TO BE WEGISTERED!

デッキマン:脳内に、レーバーで認識刻印を焼き付けるので動くないぢゅ!

DECKMAN:  WHEN I PULL THIS LEVER, IT WILL BURN AN IDENTIFICATION CODE ON YOUR BWAIN.  SO, NO MOVING!

ガリィ:脳に?・・・これ以上私の頭悪くなったら困るなあ・・・

GALLY: My brain? …But I can’t afford to become any stupider than I already am…

デッキマン:ダイジョーブ!神経細胞(二ューロン)に傷はつけないぢゅ。

DECKMAN: IT’S A-OKAY!  IT WON’T PUT A SCWATCH ON YOUR NEUWONS.

グリア細胞質にハンターの印をつけるだけだぢゅ。

DECKMAN: IT JUST STAMPS YOUR GLIAL CYTOPWASM WITH THE HUNTER’S SEAL.

デッキマン:指紋・声紋・網膜パターンなどはサイボーグ相手には識別の役には立たないので

DECKMAN:  SINCE FINGER PWINTS, VOICE PWINTS, OR WETINA PATTERNS ARE NO GOOD AT IDENTIFYING CYBORGS

こ一いう方法を使うわけだぢゅ。

THIS IS THE ONLY WAY.

デッキマン:じゃ、始めるぢゅ。

DECKMAN:  WELL, I’LL START.

デッキマン:刻印終了・・・

DECKMAN: BWAIN STAMP COMPWETE…

ガリィ:ハンター・ウォリアーってすごく簡単になれるのね・・・

GALLY:  IT’S SO EASY TO BECOME A HUNTER-WARRIOR…

デッキマン:登録はな・・・

DECKMAN: WEGISTWATION, THAT IS…

デッキマン:あとは実績しだいだぢゅ。

DECKMAN:  THE WEST DEPENDS ON PEWFORMANCE.

デッキマン:ベイビーはなんでハンターなんかに?

DECKMAN: SO WHY’D YOU WANNA BE A HUNTER, BABY?

ずっと前にも同じことを聞かれたような・・・

I feel like I heard this question a long time ago… 

なぜ戦う

Why fight?

何のために

For what sake?

あの時も私は・・・

At that time, I also said…

ガリィ:それは・・・

GALLY: I fight…

ガリィ:自分自身のために・・・

GALLY: …for my own sake!

デッキマン:さて・・・ベイビーは今後ハンター・ウォリアーして、賞金首を狩っていくことなるわけだが・・・その際の注意点を説明しておくぢゅ!

DECKMAN: WELL…STAWTING TODAY, YOU’RE A HUNTER-WARRIOR, BABY!  HUNTING BOUNTIES… IN THAT CASE, I’LL EXPLAIN THE PRECAUTIONS!

デッキマン:まず、ベイビーが相手にするのは、賞金首リストに載るような凶悪な犯罪者であるということを、決して忘れてはないぢゅ!

DECKMAN: FIWST OF ALL, NEVER FOWGET THAT YOUR OPPONENTS ARE VIOWENT, WANTED CWIMINALS, BABY!

デッキマン:だから賞金首を相手に、無防備のまま近づいて行くようなことをしちゃダメだぢゅ。

DECKMAN:  SO DON’T DO SOMETHING LIKE GOING AGAINST A BOUNTY UNPWOTECTED!

デッキマン:賞金首と対峙した場には、すかさず通常モードからバトルモードへと移行し、臨戦態勢を取らねばならないぢゅ!

DECKMAN:  WHEN CONFWONTING A BOUNTY, YOU’LL AUTOMATICALLY ENTER BATTLE MODE.  YOU MUST GET IN BATTLE POSITION!

デッキマン:さもなくば、全く相手に攻撃出来ないままただ一方的にやられてしまうことになるぢゅ!

DECKMAN:  OTHERWISE, YOU WILL BE UTTERLY DESTWOYED WITHOUT LANDING A SINGLE ATTACK ON YOUR OPPONENT!

デッキマン:ちなみに、バトルモードの切り替えは、セレクトボタンを押すことでおこなえるぢゅ!

DECKMAN:  BY THE WAY, YOU CAN SWITCH TO BATTLE MODE BY PWESSING THE SEWECT BUTTON!

デッキマン:試しにベイビーも、今ここでレッスンしてみるぢゅ・・・せ〜の・・・3!2!1!ぢゅ!

DECKMAN: I’LL GIVE YOU A TEST, BABY… ARE YOU WEADY?… 3! 2! 1! GO!

[GALLY DOES NOTHING]

デッキマン:・・・間違ってるぢゅ・・・そんなこでは、先が思いやられるぢゅ・・・

DECKMAN: …FAIWED… THAT’S A BAD SIGN FOR YOUR FUTUWE…

デッキマン:モードの切り替えは、セルクトボタンを押すことでおこなうぢゅ!

DECKMAN: TO ENTER BATTLE MODE, PWESS THE SEWECT BUTTON!

デッキマン:もういちどやってみるぢゅ・・・せ〜の・・・3!2!1!ぢゅ!

DECKMAN: LET’S TWY AGAIN… ARE YOU WEADY?… 3! 2! 1! GO!

[GALLY PRESSES THE SELECT BUTTON]

デッキマン:そうだぢゅ!

DECKMAN: THAT’S WIGHT!

デッキマン:さらに、バトルモードを解除して、通常モードへと戻るためには、同じくセレクトボタンでおかなえるぢゅ。

DECKMAN: FURTHERMORE, YOU CAN ALSO EXIT BATTLE MODE AND RETURN TO NORMAL MODE WITH THE SEWECT BUTTON.

デッキマン:やってみるぢゅ!・・・せ〜の・・・3!2!1!ぢゅ!

DECKMAN: GIVE IT A TWY!… ARE YOU WEADY?… 3! 2! 1! GO!

[GALLY DOES NOTHING]

デッキマン:間違ってるぢゅ・・・

DECKMAN: FAIWED…

デッキマン:・・・モードの切り替えは、セルクトボタンでおこなうぢゅ!

DECKMAN: …SWITCH MODES BY PWESSING THE SEWECT BUTTON!

デッキマン:もういちどやってみるぢゅ・・・せ〜の・・・3!2!1!ぢゅ!

DECKMAN:  LET’S TWY AGAIN… ARE YOU WEADY?… 3! 2! 1! GO!

[GALLY PRESSES THE SELECT BUTTON]

デッキマン:そうだぢゅ!

DECKMAN: THAT’S WIGHT!

デッキマン:以上の流れを、きちんと覚えておいて、戦闘時に慌てることのないようにするぢゅ。

DECKMAN:  CAWEFULLY WEMEMBER THIS FLOW, SO YOU DON’T PANIC IN THE MIDDLE OF BATTLE.

デッキマン:あと、モードの切り替えは、可能な限り素早く行うよう心がけるぢゅ。

DECKMAN: ALSO, TWY TO SWITCH MODES AS QUICKLY AS POSSIBLE.

デッキマン:なぜなら、モードの切り替えがスムーズに行えないと、不意打ちを何度も喰らってしまう恐れがあるからだぢゅ!

DECKMAN: IF YOU CAN’T SWITCH MODES SMOOTHLY, YOU’RE IN DANGER OF TAKING MANY SURPWISE ATTACKS!

戦闘モードの切り替えについては、だいたいこんなところだぢゅ。

THAT’S A WUN-DOWN OF HOW TO SWITCH IN AND OUT OF BATTLE MODE.

デッキマン:続いて・・・このファクトリー33内にある、6体のシリンダーについて説明しておくぢゅ。

DECKMAN: NEXT… I WILL EXPLAIN THE 6 CYWINDERS OF FACTOWY 33.

デッキマン:ベイビーはハンター・ウォリアーに登録したことにより、ファクトリーからの支援を受けられるようになっているぢゅ。

DECKMAN:  SINCE YOU’VE WEGISTERED AS A HUNTER-WARRIOR, BABY, YOU CAN WECEIVE SUPPORT FWOM THE FACTOWY.

デッキマン:ここと、向かいにある部屋にある6体のシリンダー内にいるデッキマンが、それぞれベイビーのバックアップをおこなうことになるぢゅ。

DECKMAN: HEWE AND IN THE OPPOSITE ROOM, WE 6 DECKMEN IN CYWINDERS ARE YOUR BACK-UP, BABY!

デッキマン:ざっと説明すると1番シリンダーがセーブ、2番が賞金首換金、4番がアイテム供給、5番が武器供給、6番がボディの修復など・・・

DECKMAN: WOUGHLY SPEAKING, CYWINDER #1 IS TO SAVE, CYWINDER #2 IS TO WEDEEM BOUNTIES, CYWINDER #4 IS THE ITEM SHOP, CYWINDER #5 IS THE WEAPONS SHOP, AND CYWINDER #6 IS THE WEPAIR SHOP…

それぞれ担当のデッキマンが対応をおこなうぢゅ。詳しい内容については、担当のデッキマンに直接聞いて欲しいぢゅ。

EACH DECKMAN IS IN CHARGE OF HANDLING THESE INQUIWIES.  FOR MORE INFORMATION, PWEASE ASK THE DECKMAN IN CHARGE DIWECTLY.

デッキマン:ちなみにこの3番シリンダーの業務は、ハンター・ウォリアーへの登録・・・及び戦果の集計だぢゅ。

DECKMAN: AND, FOR YOUR INFOWMATION– CYLWINDER #3 IS IN CHARGE OF HUNTER-WARRIOR WEGISTWATION… AND CALCULATING THE FIGHTING WESULT.

デッキマン:戦果の集計とは・・・ベイビーが今まで倒した敵の総数を、種類ごとにまとめあげ、ベイビーに報告をおこなう業務このとだぢゅ。

DECKMAN: THE FIGHTING WESULT IS… A CUMULATIVE WEPORT OF ALL ENEMIES YOU’VE DEFEATED BY TYPE, BABY.

デッキマン:あまり役に立たないかもしれないが、まあたまに調べてみるのもいいかもしれないぢゅ。

DECKMAN: IT MAY NOT SEEM VERY USEFUL, BUT YOU MIGHT WANT TO TAKE A LOOK AT IT FWOM TIME TO TIME.

デッキマン:そのかわりと言ってはなんだが・・・私は他のシリンダーの事務的なデッキマンと違って比較的陽気なんだぢゅ。

DECKMAN: OTHERWISE, IF I MAY SAY SO… I’M MORE CHEEWFUL THAN THE OTHER CLEWICAL CYWINDER DECKMEN.

デッキマン:だからここへ来れば、私とのおしゃべりを楽しむことができるんだぢゅ。

DECKMAN: SO IF YOU COME HERE, WE CAN HAVE A NICE CHAT!

デッキマン:おしゃべりの中には、重要な情報が含まれていることもあるかもしれないので、ちょくちょく話しに来てみて欲しいぢゅ!

DECKMAN: WHENEVER WE CHATTER, SOMETHING IMPOWTANT MIGHT COME UP.  SO TWY TO COME TALK TO ME, AGAIN AND AGAIN!

デッキマン:以上で、だいたいのことは説明したぢゅ。

DECKMAN: THAT’S ALL.  I EXPWAINED MOST EVEWYTHING.

デッキマン:それでは、はりきって賞金首の追跡を開始して欲しいぢゅ!

DECKMAN: WELL THEN, I HOPE YOU THWOW YOUWSELF INTO BOUNTY HUNTING WITH SPIWIT!

デッキマン:・・・ああ、それと・・・言い忘れるところだったぢゅ!

DECKMAN: …AH, I… ALMOST FOWGOT TO MENTION SOMETHING!

デッキマン:ネットマンの表示する、賞金首リストを見ればわかると思うが、賞金が高額であればあるほど手強い相手ということなので注意が必要だぢゅ。

DECKMAN: I THINK IT’S CLEAR FWOM LOOKING AT THE BOUNTY LIST DISPWAYED BY THE NETMAN, BUT BE CAWEFUL! A HIGH BOUNTY MEANS A TOUGH OPPONENT!

デッキマン:現在の所、最高金額をマークしているのがマカクというヤツだぢゅ。

DECKMAN: CUWWENTLY, MAKAKU IS MARKED WITH THE HIGHEST GIVEN BOUNTY.

デッキマン:こいつは・・・人間の脳味噌を食べることを目的として殺人を繰り返しているという、前代未聞の賞金首だぢゅ!

DECKMAN: THAT GUY HAS AN UNPRECEDENTED BOUNTY… FOR WEPEATEDLY KILLING HUMANS TO EAT THEIR BWAINS!

デッキマン:マカクに殺された市民の中には多くのコンビナート労働者も含まれていたため、かなり以前に賞金首リストにアップされたんだが・・・

DECKMAN: SOME OF MAKAKU’S VICTIMS WORKED FOR THE INDUSTWIAL COMPWEX, SO HE WAS PUT UP ON THE BOUNTY LIST A PWETTY LONG TIME AGO…

残念なことに未だに野放しの状態となってるぢゅ!

UNFOWUNATELY, HE’S STILL ON THE LOOSE!

デッキマン:ベイビーも早くハンター・ウォリアーとしての実績を積んで、このくらいの大物を仕留められるようになってもらいたいもんだぢゅ。

DECKMAN: I HOPE YOU MAKE QUICK PWOGRESS AS A HUNTER-WARRIOR, UNTIL YOU’RE GOOD ENOUGH TO FINISH THAT BIG-SHOT OFF!

デッキマン:じゃあまた、何かあったらここまで来て欲しいぢゅ。

DECKMAN: WELL THEN, PWEASE WETURN IF SOMETHING COMES UP!

デッキマン:ベイビーの活躍と幸運を祈ってるぢゅ!

DECKMAN: I’M PWAYING FOR YOUR SUCCESS AND GOOD WUCK, BABY!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 1]

デッキマン:この1番シリンダーでは、データのセーブをおこなってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #1 IS… WHERE YOU CAN SAVE THE GAME!

デッキマン:ベイビーのハンター・ウォリアーとしての足跡は、この私がつづって行くことにあるぢゅ。以後よろしくたのむぢゅ。

DECKMAN: I WILL WECORD YOUR PWOGRESS AS HUNTER-WARRIOR, BABY.  I LOOK FORWAWD TO WORKING WITH YOU IN THE FUTUWE.

デッキマン:さて、早速今までの活動記録をセーブするかぢゅ?

DECKMAN: WELL, WANT TO SAVE A WECORD OF YOUR ACTIVITIES SO FAR?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
データセーブをお願いするよ!
やっぱりいいや・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
SAVE THE GAME, PLEASE!
IT’S OKAY…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(SAVE THE GAME, PLEASE!)

デッキマン:ベイビーの生き様・・・しかと記録したぢゅ!

DECKMAN: YOUR PWOGRESS… WAS WECORDED, BABY!

(continuation of “SAVE THE GAME, PLEASE!”, where “IT’S OKAY..” starts)

デッキマン:ところで・・・親愛なるベイビーに、ひとつ忠告があるぢゅ。

DECKMAN: BY THE WAY… HERE’S A WORD OF ADVICE, MY DEAR BABY.

デッキマン:ベイビーも既に登録を済ませた、一人前のハンター・ウォリアーである以上・・・これからどんどんバトルの機会が増えてくると思うぢゅ。

DECKMAN: SINCE YOU’RE WEGISTERED AS A QUAWIFIED HUNTER-WARRIOR, I THINK YOU’LL GET MORE AND MORE OPPOWTUNITIES FOR BATTLE.

デッキマン:そうなると・・・いつなんどき死の危険にさらされるやもしれないぢゅ。

DECKMAN: THEN… THAT PUTS YOU AT WISK OF DYING AT ALL TIMES!

デッキマン:・・・ああ、あそこでちゃんとセーブをおかなっておけばよかった・・・

DECKMAN: “…OH, I SHOULD HAVE SAVED BACK THERE…”

と、悔やみながら死んでいったハンター・ウォリアーも大勢いると聞くぢゅ。

…I’VE HEAWD THAT MANY TIMES, FROM HUNTER-WARRIORS DYING, FULL OF WEGRETS.

デッキマン:だから、余計なお節介かも知れないが・・・セーブはなるべくマメにおこなうことを、おすすめするぢゅ。

DECKMAN: SO, NOT TO BE MEDDLESOME, BUT– IT’S WECOMMENDED YOU SAVE AS MUCH AS POSSIBLE.

デッキマン:じゃあハンター・ウォリアーの仕事、がんばるぢゅ。

DECKMAN: WELL, DO YOUR BEST AS A HUNTER-WARRIOR!

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 1 A SECOND TIME]

デッキマン:1番シリンダーでは、データのセーブをおこなってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #1 IS WHERE TO SAVE THE GAME!

デッキマン:今までの活動記録をセーブするかぢゅ?

DECKMAN: WANT TO SAVE A WECORD OF YOUR ACTIVITIES WIGHT NOW?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
データセーブをお願いするよ!
やっぱりいいや・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
SAVE THE GAME, PLEASE!
IT’S OKAY…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(SAVE THE GAME, PLEASE!)

デッキマン:ベイビーの生き様・・・しかと記録したぢゅ!

DECKMAN: YOUR PWOGRESS… WAS WECORDED, BABY!

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

(IT’S OKAY…)

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 2]

デッキマン:この2番シリンダーでは、賞金首の換金をおこなってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #2 IS… WHERE YOU CAN WEDEEM BOUNTIES!

デッキマン:すでに説明を受けていると思うが・・・

DECKMAN:  I THINK THIS WAS ALWEADY EXPWAINED TO YOU, BUT…

ハンター・ウォリアーは、賞金首リストにアップされている犯者を狩った後、私のところまで申告しに来ることによって、リストに記載されている額のチップを

AFTER HUNTING BOUNTIES, HUNTER-WARRIORS CAN COME FILE WEPORTS TO ME.  THEN, THEY’LL WECEIVE THE AMOUNT OF CHIPS–

受け取ることができるぢゅ。

–LISTED ON THE BOUNTY LIST.

デッキマン:逆に言えば、いくら賞金首を倒したところで・・・

DECKMAN: IN OTHER WORDS, THE BOUNTY FOR THE DEFEATED CWIMINAL…

私に申告をしなければ、いつまでたっても賞金を受け取ることが出ないので、注意が必要ということだぢゅ!

UNLESS YOU FILE A WEPORT TO ME, YOU’LL NEVER WECEIVE THE PWIZE MONEY.  SO, BE CAWEFUL!

デッキマン:ただし、賞金首を一人倒すたびに、私のところに来なければ賞金首を受け取れないというわけではないぢゅ。

DECKMAN: HOWEVER, THAT DOESN’T MEAN YOU HAVE TO COME TO ME EVEWY TIME YOU DEFEAT A BOUNTY.

デッキマン:賞金首を倒したという事実は、ベイビーの脳にデータとしてストックされていくので、ある程度の数を倒してから来てもらっても一向にかまわないぢゅ。

DECKMAN: EVEWY TIME YOU DEFEAT A BOUNTY, IT’S STORED AS DATA IN YOUR BWAIN, BABY.  I DON’T MIND IF YOU COME TO ME AFTER DEFEATING A NUMBER OF THEM.

デッキマン:その場合、倒した賞金首の合計額が、一気に支払われることになるぢゅ。

DECKMAN: IN THAT CASE, YOU WILL BE PAID THE TOTAL AMOUNT OF PWIZE MONEY AT A STWETCH.

デッキマン:さて・・・ベイビーは、もう賞金首を狩って来てるのかぢゅ?

DECKMAN: WELL… HAVE YOU ALWEADY STAWTED HUNTING BOUNTIES, BABY?

デッキマン:さっそく、賞金首の換金をおこなうかぢゅ?

DECKMAN: WANT TO WEDEEM BOUNTIES WIGHT NOW?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
換金をお願いするよ!
まだ狩ってきてないよ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
PLEASE GIVE ME THE CASH!
I HAVEN’T GONE HUNTING YET…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(PLEASE GIVE ME THE CASH!)

デッキマン:換金を終了したぢゅ!

DECKMAN: FINISHED DISPENSING CASH!

(cont. “PLEASE GIVE ME THE CASH!”, start “I HAVEN’T GONE HUNTING YET…”)

デッキマン:繰り返すが・・・賞金首を狩ったら、ちゃんとここに来てチップを受け取るのを忘れないようにするぢゅ!

DECKMAN: TO WEITERATE– WHEN BOUNTY HUNTING, DON’T FOWGET TO REPORT HERE TO WECEIVE YOUR CHIPS!

デッキマン:さもないと・・・自分のボディのメンテナンスも出来ないほどの、ビンボー募らしをしなければならないことになるぢゅ。

DECKMAN: OTHERWISE… YOU’LL HAVE TO BIMBO YOURSELF OUT IN ORDER TO AFFOWD BODY MAINTENANCE.

デッキマン:さて。それじゃ、どんどん賞金首を狩って来るぢゅ!

DECKMAN: WELL THEN, GET OUT THEWE AND BOUNTY HUNT LIKE THE WIND!

デッキマン:ベイビーの活躍と幸運を期待するぢゅ!

DECKMAN: I WISH FOR YOUR SUCCESS AND GOOD WUCK, BABY!

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 2 A SECOND TIME]

デッキマン:2番シリンダーでは、賞金首の換金をおこなってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #2 IS WHERE TO WEDEEM BOUNTIES!

デッキマン:賞金首の換金をおこなうかぢゅ?

DECKMAN: WANT TO WEDEEM BOUNTIES?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
換金をお願いするよ!
まだ狩ってきてないよ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
PLEASE GIVE ME THE CASH!
I HAVEN’T GONE HUNTING YET…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(PLEASE GIVE ME THE CASH!)

デッキマン:換金を終了したぢゅ!

DECKMAN: FINISHED DISPENSING CASH!

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

(I HAVEN’T GONE HUNTING YET…)

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 3]

デッキマン:ハロハロ!ハ〜ロ〜ォ〜!ベイビ〜!

DECKMAN: BONJOUR, BONJOUR!  BON~ JOU~R~!  BABY~!

デッキマン:調子はどうだぢゅ?ハンター・ウォリアーには、もう慣れてきたかぢゅ?

DECKMAN: HOW ARE YOU?  HAVE YOU GOTTEN USED TO BEING A HUNTER-WARRIOR?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
まだ然慣れてないよ・・・
少しは慣れてきたように思うけど・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
I’M STILL NOT USED TO IT…
I THINK I’M A LITTLE USED TO IT, BUT…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(I’M STILL NOT USED TO IT… )

デッキマン:ベイビーはまだ、ハンター・ウォリアーに登録したばかりのルーキーだから、それも仕方のないことだぢゅ!

DECKMAN: WELL, THAT CAN’T BE HELPED, BABY!  YOUR A STILL WOOKIE WHO JUST WEGISTERED AS A HUNTER-WARRIOR!

デッキマン:ハンター・ウォリアーという仕事についてもっとよく知りたいかぢゅ?

DECKMAN: WANT TO KNOW MORE ABOUT THE WORK OF A “HUNTER-WARRIOR”?

デッキマン:ベイビーが望むのであれば、さらに詳しい解説をするが・・・聞いておくかぢゅ?

DECKMAN: IF YOU’D LIKE, I’LL EXPWAIN IN MORE DETAIL… WANNA HEAR WHAT I HAVE TO SAY, BABY?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
一応聞いておこうかな?
特に不明な点はないんだけどね・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
CAN I ASK YOU, JUST IN CASE?
BUT IT’S ALL PRETTY CLEAR TO ME…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(CAN I ASK YOU, JUST IN CASE?)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
ハンター・ウォリアーについて
ファクトリー法について
賞金首について
クズ鉄町における犯罪について
ハンターの犯罪について
賞金の受け取り方法について
もう十分だ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
ASK ABOUT HUNTER-WARRIORS
ASK ABOUT THE FACTORY LAWS
ASK ABOUT BOUNTIES
ASK ABOUT CRIME IN SCRAP IRON CITY
ASK ABOUT HUNTERS’ CRIMES
ASK ABOUT RECEIVING REWARDS
THAT’S ENOUGH

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(ASK ABOUT HUNTER-WARRIORS)

ハンター・ウォリアーとは、ファクトリーの賞金首リストに載った犯罪者を捕らえる職業者の呼称で、クズ鉄町における唯一の公的犯罪追求制度だぢゅ。

“HUNTER-WARRIOR” IS THE TITLE GIVEN TO THOSE WHO CAPTUWE CWIMINALS ON THE FACTOWY’S BOUNTY LIST.  THIS IS SCWAP IWON CITY’S ONLY PUBLIC CWIMINAL PURSUIT SYSTEM.

賞金首級の犯罪が発生すると、ファクトリーは犯罪内容により犯罪者の賞金額を自動的に算定したのさ、賞金首リストに加え、告示するぢゅ。

WHEN A BOUNTY-CLASS CWIME OCCURS, THE FACTOWY AUTOMATICALLY CALCULATES THE BOUNTY ACCORDING TO THE CWIME.  THEN, THE CWIMINAL IS ADDED TO THE BOUNTY LIST, AND ANNOUNCED.

ハンター・ウォリアーはその賞金首情報をもとにして、犯罪者を追跡し、倒していくことになるぢゅ。

HUNTER-WARRIORS TWACK DOWN AND DEFEAT CWIMINALS ACCORDING TO THE INFOWMATION LISTED ON THEIR BOUNTIES.

ハンター・ウォリアーへの登録を済ませたベイビーも、もうすでにハンター・ウォリアーのひとりだぢゅ。

SINCE YOU’VE COMPWETED HUNTER-WARRIOR WEGISTWATION, THAT MAKES YOU ONE OF THE HUNTER-WARRIORS, BABY!

あとはどんどん賞金首を倒して、実績を作っていくといいぢゅ。

AFTER DEFEATING MANY, MANY BOUNTIES, YOU’LL ESTABWISH A GOOD TWACK WECORD!

(ASK ABOUT THE FACTORY LAWS)

クズ鉄町などのファクトリーの支配圏内には、ファクトリー法が適用されるぢゅ。

WITHIN FACTOWY-CONTWOLLED AWEAS, SUCH AS SCWAP IRON CITY, FACTOWY LAWS ARE IN PWACE.

これはあくまでもザレムとファクトリーの維持を目的とした制度で、コンビナートの運営をスムーズにはこび、工場や農場の労働者の安全をはかるためのものであって必ずしもクズ鉄町に生活する人々の権利を保障するものではないぢゅ。

THESE LAWS ARE DESIGNED FOR THE MAINTENANCE OF SALEM AND THE FACTOWY, AND THE SMOOTH OPEWATION OF THE INDUSTWIAL COMPWEX.  IT IS INTENDED TO PWOTECT TO THE FACTOWY AND FAWM WORKERS, AND DOES NOT NECESSAWILY GUAWANTEE THE WIGHTS OF SCWAP IRON CITY’S CITIZENS.

クズ鉄町はよく犯罪天国と言われるけど、それはファクトリー法がファクトリーの運営以外に関しての事項を規定してないためだぢゅ。

SCWAP IRON CITY IS OFTEN CALLED “A CWIMINAL’S PAWADISE”, AS FACTOWY LAWS DO NOT PRESCWIBE MATTERS OUTSIDE OF FACTOWY OPEWATION.

(ASK ABOUT BOUNTIES)

コンビナートの連営を円滑に稼働させ続けるにあたって特に危険性があると判断された犯罪者に関してのみ、賞金がかけられ賞金首リストに掲載されるぢゅ。

A CWIMINAL IS ONLY ADDED TO THE BOUNTY LIST IF IT IS DETEWMINED THAT THEIR ACTIONS INTERFEWE WITH THE SMOOTH OPEWATION OF THE INDUSTWIAL COMPWEX.

賞金首についての情報は基本的に、ファクトリー内の通路に立っている、ネットマンから告示されるぢゅ。賞金首リストは、更新されることもあるので、定期的にネットマンに問い合わせてみるといいぢゅ。

BASIC BOUNTY INFOWMATION IS ANNOUNCED BY THE NETMAN STANDING IN THE AISLE OF THE FACTOWY.  SINCE THE BOUNTY LIST UPDATES FROM TIME TO TIME, YOU MAY WANT TO CONTACT THE NETMAN ON A WEGULAR BASIS.

中には手に負えない程凶悪な奴もいるから、ベイビーのようなビギナーは注意した方がいいぢゅ。

SINCE SOME CWIMINALS ARE UNCONTWOLLABLY WUTHLESS, BEGINNERS LIKE YOU SHOULD BE CAWEFUL, BABY.

(ASK ABOUT CRIME IN SCRAP IRON CITY)

賞金首リストに掲載されるレベルの犯罪は大きく分けてA級犯罪・B級犯罪の2つに分類されるぢゅ。

BOUNTY-LEVEL CWIMES ARE WOUGHLY DIVIDED INTO TWO CATEGORIES: CLASS-A CWIME AND CLASS-B CWIME.

A級犯罪とは、ファクトリー破壊/ファクトリー物資強奪/ファクトリー・ザレムのハッキング/飛行装置製造・所持/銃器製造・所持など、主にファクトリーに対しての反逆行為があげられているぢゅ。

CLASS-A CWIME PWIMARILY INCLUDES WEBELLIONS AGAINST THE FACTOWY, SUCH AS: DESTWUCTION OF FACTOWY PWOPERTY, WOBBERY OF FACTOWY GOODS, FACTOWY-SALEM HACKING, MANUFACTUWE OR POSSESSION OF FLYING EQUIPMENT, MANUFACTUWE OR POSSESSION OF FIWEARMS, AND SO ON.

B級犯罪とは、殺脳・脳への傷害/生脳の売買/生存者からの身体部品強奪など、主にコンビナート平常運営の阻害に関わる項目があげられているぢゅ。

CLASS-B CWIME PWIMARILY CONCEWNS ACTIONS WHICH HINDER THE ACTIVITY OF THE INDUSTRIAL COMWEX, SUCH AS: BWAIN INJUWY OR MUWDER, BUYING AND SELLING LIVING BWAINS, WOBBING LIVING PERSONS OF THEIR BODY PARTS, AND SO ON.

それ以外の犯罪については、ほとんど賞金額算定の対象とはならないので、倒してきたところで、賞金チップが支払われることはないぢゅ。

AS FOR OTHER CWIMES, THE BOUNTY CALCULATES TO PWACTICALLY NOTHING.  NO CHIPS ARE WEWARDED FOR DEFEATING THESE CWIMINALS.

(ASK ABOUT HUNTERS’ CRIMES)

賞金首リストに登録された犯罪者を追うのがハンター・ウォリアーなわけだが、ハンター・ウォリアー自身が賞金首級の犯罪を犯した場合には、脳内に焼き付けたバーコードを目指してネットマンの対ハンターミサイルが発射されることになるので覚悟が必要だぢゅ。

HUNTER-WARRIORS CHASE AFTER CWIMINALS WEGISTERED ON THE BOUNTY LIST. BUT, SHOULD A HUNTER-WARRIOR COMMIT A BOUNTY-CLASS CWIME HIMSELF, HE MUST BE PWEPARED– THE NETMAN’S ANTI-HUNTER MISSILES WILL BE FIRED AT THE BARCODE ON HIS BWAIN!

ハンター・ウォリアーの犯罪については、通常のA級・B級犯罪の他に、ハンター・ウォリアーに限った犯罪というものがあるぢゅ。

IN ADDITION TO CLASS-A CWIME AND CLASS-B CWIME, THERE IS A SPECIAL CLASS FOR HUNTER-WARRIORS’ CWIMES.

例えば、他おハンター・ウォリアーが倒した賞金首の横取りなどがそれに該当するが、これはハンター・ウォリアー同士の間に確執が発生し、検挙率が低下することを防ぐためにこういう決まりがあるぢゅ。

FOR EXAMPLE, SOMETHING LIKE STEALING ANOTHER HUNTER-WARRIOR’S BOUNTY CAUSES FEUDS BETWEEN HUNTER-WARRIORS.  THESE RULES ENSURE THAT THE CWIME-ARREST WATIO DOES NOT GO DOWN.

ベイビーに限ってそんなことは無いと思うが、一応警告しておくぢゅ。

I DON’T THINK THAT YOU’D EVER DO SUCH A THING, BABY.  BUT, I’LL WARN YOU JUST IN CASE.

(ASK ABOUT RECEIVING REWARDS)

賞金の支払いは、ハンター・ウォリアーが賞金首を倒した後、となりの2番シリンダー内にいるデッキマンに申告することにより賞金額に相するチップが支払われるシステムになってるぢゅ。

WHEN A HUNTER-WARRIOR DEFEATS A BOUNTY, THEY ARE PAID THE WEWARD LISTED ON THE BOUNTY AFTER FILING A WEPORT TO THE DECKMAN IN CYWINDER #2.

申告の際、申告者の倒した敵が、賞金首リストに掲載されている賞金首だと判定されれば、その場でチップが自動的に支払われるぢゅ。

UPON FILING A WEPORT, CHIPS ARE AUTOMATICALLY PAID ON THE SPOT, SHOULD THE FALLEN ENEMY APPEAR ON THE BOUNTY LIST.

申告をしないで、ひたすら犯罪者を倒していくだけではいくらたってもチップが手に入ることはないので、定期的にこのシリンダールームに来て換金することを忘れないようにするぢゅ。

EVEN IF YOU DEFEAT A CWIMINAL, YOU WILL NOT GET ANY CHIPS UNLESS YOU FILE A WEPORT.  DON’T FOWGET TO COME AND VISIT THIS CYWINDER WOOM ON A WEGULAR BASIS.

(I THINK I’M A LITTLE USED TO IT, BUT…/BUT IT’S ALL PRETTY CLEAR TO ME…/ THAT’S ENOUGH)

デッキマン:まあ、そのうち慣れてくるから心配いらないぢゅ!

DECKMAN: WELL, DON’T WORRY!  YOU’LL GET USED TO IT SOON!

デッキマン:ま、それはさておき・・・ベイビー!今までの戦果を確認するがぢゅ?

DECKMAN: SO, ASIDE FROM THAT…BABY!  WANNA CHECK YOUR HUNTING RESULTS SO FAR?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
別にいいよ・・・
一志確認しとこうかな?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
NEVERMIND…
I GUESS I’LL CHECK IT OUT?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(NEVERMIND…/I GUESS I’LL CHECK IT OUT?)

デッキマン:ところで最近、賞金首リストで現時点の最高額をマークしている・・・例のマカクの活動が、また活発になってきてるようだぢゅ!

DECKMAN: BY THE WAY, TOPPING THE BOUNTY LIST AS USUAL IS… MAKAKU, WHO SEEMS TO BE GETTING QUITE ACTIVE AGAIN!

デッキマン:どうやらヤツは、ストリートから続くマップの奥に潜んでいるらしくて、ストリートでは多大な被害が出ている模様だぢゅ!

DECKMAN: APPARENTLY, THAT GUY’S LURKING IN THE BACK OF ONE OF THE STWEET’S SIDE-MAPS.  IT LOOKS LIKE HE’S DONE TWEMENDOUS DAMAGE TO THE STWEET!

デッキマン:ベイビーも早く戦闘に慣れて、マカクを倒せるようなトップレベルのハンター・ウォリアーに、成長して欲しいもんだぢゅ!

DECKMAN: I HOPE YOU GET ACCUSTOMED TO BATTLE SOON, BABY… SO YOU GROW INTO A TOP-LEVEL HUNTER-WARRIOR WHO CAN DEFEAT MAKAKU!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 4]

デッキマン:この4番シリンダーでは、消費型アイテムの販売をおこなってるぢゅ。

DECKMAN: CYWINDER #4 IS… WHERE CONSUMABLE ITEMS ARE SOLD!

デッキマン:消費型アイテムには、体力を回復させるリピアキットや、消耗したプラズマエネルギーを回復させるプラズマサプライなどがあるぢゅ。

DECKMAN: CONSUMABLE ITEMS INCLUDE: WEPAIR KITS TO WESTORE HEALTH,  PWASMA SUPPWIES TO WESTORE PWASMA ENERGY, AND SO ON.

デッキマン:一度使用するとなくなってしまうが、賞金首追跡の際に役立つので、ハンター・ウォリアーの必需品と言っても過言ではないぢゅ。

DECKMAN: ALTHOUGH THEY ARE ONE-USE ONLY, THEY COME IN HANDY WHEN HUNTING BOUNTIES.  IT’S NO EXAGGEWATION TO SAY THEY’RE A HUNTER-WARRIOR’S ESSENTIALS!

デッキマン:さっそく、アイテムを購入してみるかぢゅ?

DECKMAN: WANT TO BUY ITEMS WIGHT NOW?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
リストを表してもらえる?
今のところ間に合ってるよ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
COULD YOU SHOW ME THE LIST?
I’M FINE FOR NOW…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(COULD YOU SHOW ME THE LIST?/I’M FINE FOR NOW…)

デッキマン:ところで・・・アイテムの使用方法を説明しておくかぢゅ?

DECKMAN: BY THE WAY… WANT ME TO EXPLAIN HOW TO USE ITEMS?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
一応聞いておこうかな?
大丈夫。心配いらないよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
COULD YOU EXPLAIN IT ONCE?
IT’S OKAY.  DON’T WORRY!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(COULD YOU EXPLAIN IT ONCE?)

デッキマン:購入などして入手したアイテム類の使用は以上の手順でおこなうぢゅ。

DECKMAN: ITEMS OBTAINED BY PUWCHASE OR OTHER MEANS CAN BE USED BY FOLLOWING THESE STEPS:

デッキマン:まずスタートボタンを押して、ステータス画面を呼び出すぢゅ。

DECKMAN: FIRST, PWESS THE STAWT BUTTON TO OPEN THE STATUS SCWEEN.

デッキマン:画面内にアイテムという項目があるので、それを選択するとベイビーが所有しているアイテムのリストが表示されるぢゅ。

DECKMAN: WHEN YOU SEWECT “ITEMS” FWOM THE MENU, A LIST OF EVERY ITEM YOU OWN IS DISPWAYED, BABY.

デッキマン:そこで使いたいアイテムを選択すればOKだぢゅ。

DECKMAN: THERE, YOU CAN SEWECT ITEMS YOU WANT TO USE!

デッキマン:アイテムの使用は、モードに関わらずおこなうことができるので、例えば戦闘中に体力を回復することも可能となっているぢゅ!

DECKMAN: YOU CAN USE ITEMS WEGARDLESS OF WHAT MODE YOU ARE IN.  FOR EXAMPLE, YOU CAN WECOVER HEALTH IN THE MIDDLE OF BATTLE!

デッキマン:それじゃ、ハンター・ウォリアーの仕事・・・がんばるぢゅ!

DECKMAN: WELL THEN, DO YOUR BEST… AS A HUNTER-WARRIOR!

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

(IT’S OKAY.  DON’T WORRY!)

デッキマン:それじゃ、ハンター・ウォリアーの仕事・・・がんばるぢゅ!

DECKMAN: WELL THEN, DO YOUR BEST… AS A HUNTER-WARRIOR!

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 4 A SECOND TIME]

デッキマン:4番シリンダーでは、アイテム類を扱ってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #4 IS WHERE ITEMS ARE DEALT!

デッキマン:アイテムを購入してみるかぢゅ?

DECKMAN: WANT TO BUY ITEMS?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
リストを表してもらえる?
今のところ間に合ってるよ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
COULD YOU SHOW ME THE LIST?
I’M FINE FOR NOW…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(COULD YOU SHOW ME THE LIST?/I’M FINE FOR NOW…)

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 5]

デッキマン:この5番シリンダーでは、おもに武器類を扱ってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #5 IS… WHERE WEAPONS ARE MAINLY DEALT!

デッキマン:武器と言っても、クズ鉄町での銃器の使用は賞金首級の犯罪行為にあたるので、扱ってるのは主にダガーやナイフなど、手持さの武器類だぢゅ。

DECKMAN: USING A FIWEARM IN SCWAP IWON CITY IS A BOUNTY-CLASS CWIME, SO WE MOSTLY DEAL HAND-HELD WEAPONS LIKE DAGGERS AND KNIVES.

デッキマン:念のために言っておくが・・・ここで扱ってる武器類は、戦闘の際に必ずしも必要となるものではないぢゅ。

DECKMAN: JUST SO YOU KNOW… THESE WEAPONS ARE NOT NECESSARILY WEQUIRED FOR BATTLE.

デッキマン:腕に自信があれば、特に武器を装備してなくても、バトルに勝利することは可能だぢゅ。

DECKMAN: IF YOU ARE CONFIDENT IN YOUR ABILITY, YOU CAN WIN BATTLES EVEN WITHOUT A WEAPON.

デッキマン:ただ、武器を装備することにより攻撃力はアップするので、バトルを有利に進めることはできるぢゅ。

DECKMAN: HOWEVER, EQUIPPING A WEAPON WAISES YOUR ATTACK POWER, WHICH GIVES YOU AN ADVANTAGE IN BATTLE.

デッキマン:さっそく、武器を購入してみるかぢゅ?

DECKMAN: WANT TO BUY WEAPONS WIGHT NOW?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
リストを表してもらえる?
今のところ間に合ってるよ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
COULD YOU SHOW ME THE LIST?
I’M FINE FOR NOW…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(COULD YOU SHOW ME THE LIST?/I’M FINE FOR NOW…)

デッキマン:ところで・・・武器を装備の仕方を、聞いておくかぢゅ?

DECKMAN: BY THE WAY… WANT ME TO EXPLAIN HOW TO EQUIP WEAPONS?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
一応聞いておこうかな?
大丈夫。心配いらないよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
COULD YOU EXPLAIN IT ONCE?
IT’S OKAY.  DON’T WORRY!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(COULD YOU EXPLAIN IT ONCE?)

デッキマン:購入などして入手した武器類は、装備しないと実際に使うことができないぢゅ。

DECKMAN: WEAPONS OBTAINED BY PUWCHASE OR OTHER MEANS CANNOT ACTUALLY BE USED UNTIL THEY ARE EQUIPPED.

デッキマン:武器を装備するには、まずスタートボタンを押して、ステータス画面を呼び出すぢゅ。

DECKMAN: TO EQUIP WEAPONS, FIRST PWESS THE START BUTTON TO OPEN THE STATUS SCWEEN.

デッキマン:画面内に武器という項目があるので、それを選択するとベイビーが装備可能な武器のリストが表示されるぢゅ。

DECKMAN: WHEN YOU SEWECT “WEAPONS” FWOM THE MENU, A LIST OF EVEWY WEAPON YOU CAN EQUIP IS DISPWAYED, BABY.

デッキマン:そこで装備したい武器を選択すればOKだぢゅ。

DECKMAN: THERE, YOU CAN SEWECT WEAPONS YOU WANT TO EQUIP!

武器の装備、未装備は、ベイビーのステータス画面で確認出来るぢゅ。

YOU CAN CHECK WHETHER YOU HAVE A WEAPON EQUIPPED OR UNEQUIPPED ON THE STATUS SCWEEN, BABY!

デッキマン:ただし!バトルモードに入っている間は装備の変更ができないので注意が必要だぢゅ!

DECKMAN: HOWEVER!  YOU CANNOT CHANGE YOUR EQUIPMENT IN BATTLE MODE, SO BE CAWEFUL!

デッキマン:バトルの最中に装備を変更したい場合は・・・

DECKMAN: IF YOU WANT TO CHANGE EQUIPMENT DURING BATTLE…

一度セレクトボタンで、バトルモードを解除してからでないとダメだから気をつけるぢゅ!

YOU HAVE TO EXIT BATTLE MODE WITH THE SEWECT BUTTON. SO, BE CAWEFUL!

(cont. “COULD YOU EXPLAIN IT ONCE?”,  start “IT’S OKAY.  DON’T WORRY!”)

デッキマン:どんどん賞金首を狩って、チップを稼いでいくぢゅ!

DECKMAN: BOUNTY HUNT LIKE THE WIND, AND EARN LOTS OF CHIPS!

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 5 A SECOND TIME]

デッキマン:5番シリンダーでは、武器類を扱ってるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #5 IS WHERE WEAPONS ARE DEALT!

デッキマン:武器を購入するのかぢゅ?

DECKMAN: WANT TO BUY WEAPONS?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
リストを表してもらえる?
今のところ間に合ってるよ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
COULD YOU SHOW ME THE LIST?
I’M FINE FOR NOW…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(COULD YOU SHOW ME THE LIST?/I’M FINE FOR NOW…)

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 6]

デッキマン:この6番シリンダーでは、サイバネ屋として機能してるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #6 IS… THE CYBER SHOP!

デッキマン:サイバネ屋では、ボディのチューンナップや回復がおこなえるぢゅ!

DECKMAN: AT THE CYBER SHOP, YOU CAN WEPAIR YOUR BODY OR GIVE IT A TUNE-UP!

デッキマン:具体的に説明すると、チューンナップとはベイビーの耐久力、攻撃力、防御力のそれぞれの数値を引き上げてやることだぢゅ。

DECKMAN: TO BE SPECIFIC: TUNE-UPS WAISE YOUR HEALTH, ATTACK, AND DEFENSE STATS.

デッキマン:チューンナップをおこなうことにより、それらのパラメーターの上限をアップさせることができるぢゅ。

DECKMAN: BY GETTING A TUNE-UP, YOU CAN INCWEASE THE UPPER-LIMIT OF THOSE PAWAMETERS.

デッキマン:それに対しボディの回復とは、バトル時に受けたボディの損傷を元通りに治したり、消費したプラズマエネルギーを補給できたりするんだぢゅ。

DECKMAN: ON THE OTHER HAND, WEPAIRS WESTORE ANY DAMAGE YOUR BODY TOOK IN BATTLE, OR WEPLENISH YOUR PWASMA ENERGY.

デッキマン:さっそく、ボディのチューンナップや回復をおこなうかぢゅ?

DECKMAN: WANT TO WEPAIR OR TUNE-UP YOUR BODY WIGHT NOW?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
お願いするよ!
大丈夫・・・必要ないよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
PLEASE, DO IT!
IT’S OKAY… I DON’T NEED IT!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[PLEASE, DO IT!]

デッキマン:じゃあ、がんばって賞金首を追跡していくぢゅ!

DECKMAN: WELL, DO YOUR BEST AT HUNTING BOUNTIES!

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

[GALLY SPEAKS TO THE DECKMAN IN CYLINDER 6 A SECOND TIME]

デッキマン:6番シリンダーでは、サイバネ屋として機能してるぢゅ!

DECKMAN: CYWINDER #6 IS THE CYBER SHOP!

デッキマン:ボディのチューンナップや回復をおこなうかぢゅ?

DECKMAN: WANT TO WEPAIR OR TUNE-UP YOUR BODY?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
お願いするよ!
大丈夫・・・必要ないよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
PLEASE, DO IT!
IT’S OKAY… I DON’T NEED IT!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[PLEASE, DO IT! / IT’S OKAY… I DON’T NEED IT!]

デッキマン:また用があれば、いつでも呼んで欲しいぢゅ!

DECKMAN: IF YOU NEED ANYTHING EWSE, CALL ME!

[GALLY SPEAKS TO THE NETMAN]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガリィ:
賞金首リストを見せてもらえる?
別にリストは見なくてもいいや!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

GALLY:
CAN YOU SHOW ME THE BOUNTY LIST?
NEVERMIND, I DON’T NEED TO LOOK AT THE LIST!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[CAN YOU SHOW ME THE BOUNTY LIST?/ NEVERMIND, I DON’T NEED TO LOOK AT THE LIST!]

ネットマン:ハンター・ウォリアーは賞金首を殺脳する義務と権利を有する者と知るべし!

NETMAN: KNOW THAT T’IS THE DUTY AND RIGHT OF HUNTER-WARRIORS TO KILL BOUNTIES.

デッキマン:したがってハンター・ウォリアーは、犯罪者を発見した場合には速やかに狩りをおこなうべし!

NETMAN: THEREFORE, HUNTER-WARRIORS SHALL SWIFTLY TAKE TO THE HUNT, SHOULD THEY FIND ANY CRIMINALS.

ネットマン:賞金首を殺脳し、その任務を完遂した際には必ずファクトリーへの報告をおこない、賞金額に相当するチップを受け取るべし!

NETMAN: ONCE THOU’ST SLAIN A BOUNTY, REPORTE THYSELF TO THE FACTORY TO RECEIVE THY REWARD IN CHIPS!

Chapter 1: Ido and Makaku– Part 3

Chapter 1: Ido and Makaku– Part 3

Translation Notes:

I think I might need to start adding “literal” translations to each line of dialogue.  This will help anyone who would be interested in proofreading the English, so they have a sense of what the original dialogue means.  Also, I’ve been having to revise my work quite a lot… I think that this might reduce the amount of times I need to revise my work, haha.

Notes about specific lines of dialogue:

イド:今の技は・・・火星古武術<機甲術(パンツァー・クンスト)>の技・・・!?

技 (waza) is a term that really cannot be translated well into English.  It’s like the term jutsu.  It definitely cannot be translated by “cut-and-paste” translation, and has connotations that don’t translate into English.  …But I guess the same could be said about a lot of Japanese terms.  Anyways, if this was a martial arts manga or something, I probably would just leave 技 as “waza”.  But, for something like this, I figured it’s best to translate it to something close in English.  I used the terms “fighting style”, and “moves” in place of 技.

ガリィ:だって私のためにイドが危ない仕事をしているの見ていられないもの・・・

A more literal translation: “But I can’t just watch while you do such dangerous work for me.”  I think that “But I can’t just watch while you risk your life for me” flows much more nicely in English.  And, overall, the meaning is preserved, though some details are different.  So I prioritized making the sentence flow over preserving the exact meaning.  Maybe I will change my mind later…

イド:どれだけ賞金稼ぎが汚い仕事かって事が!

For some reason I’m having difficulty translating this phrase… どれだけ means something like “how much”, and in this context it’s used to place emphasis on how dirty bounty hunting is.  So it means something like “Bounty hunting is such dirty work!”  But I think even something like that doesn’t convey how dirty it is.  So, instead, I added the phrase “Dirtier than you realize!”  This isn’t in the original, and I’m rather uncertain that this is the best way to translate it.  So, it’s likely that I’ll come back and revise this part.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[GALLY WALKS TO THE FAR LEFT OF THE FIRST AREA OF THE STREET, PAST THE PINK KOREAN SIGN]

市民:おおッと、お嬢ちゃん。ここから先に行こうってんなら、やめといた方がいいぜ。

CITIZEN:  Whoah there, young lady!  You better not go this way!

市民:この先で、女ばかりを連続殺人件が頻発してんのさ。

CITIZEN: Up ahead, women often get killed by some serial killer.

市民:ついこないだも、金ピカボディのイイ女が血祭りにあげられたってよ!

CITIZEN: Just the other day, a beauty with a gilded body got slaughtered!

市民:引きちぎられた手足のパーツは結局みつからなかったって話だ。

CITIZEN:  Heard that her limbs were torn off, never to be found…

市民:悪いことは言わねえ。ここから先には立ち入らない方がいいぜ。

CITIZEN:  I’m just sayin’, for your own good– Don’t go this way.

[GALLY RETURNS TO IDO’S REPAIR SHOP AND GOES INSIDE]

イド:ああ、おかえり。ガリィ。

IDO: Oh!  Welcome back, Gally.

イド:そろそろ暗くなってきたから、心配してたことろなんだよ。

IDO: I was starting to get worried, since it’s getting dark out.

イド:どうだった?初めてのストリートは・・・何か面白ことはあったかい?

IDO:  So?  How was your first time the Street?  Anything interesting happen?

ガリィ:あ、あのね、イド・・・この腕のことなんだけど・・・

GALLY: Uh…Um, Ido… About these arms…

イド:な、何だい?あまり調子が良くないかい?

IDO:  Oh?  What’s wrong?  Are you not feeling very well?

ガリィ:・・・ううん。何でもないよ・・・

GALLY: …Uh-unh.  It’s nothing…

[NIGHT FALLS]

イド・・・今夜も出かけていくみたい・・・

Ido… Looks like he’s going out again tonight…

・・・どこにいくんだろう・・・

… But where’s he going?…

イドは、私に隠し事をしてる・・・

Ido is hiding something from me…

・・・私に隠し事をしているもう一つのイドの顔・・・それは一体どんな顔なんだろう?

Ido has another side that he doesn’t show me… Just what is his other side like?

・・・街で言われたように、イドに与えてもらったこの身体は、連続殺人事件と何か関係があるんだろうか?

…Like they said on the street… Is there a connection between this body Ido gave me…. and the serial killings?

・・・私・・・

I…

本当のことが知りたい!

I want to know the truth!

[GALLY GOES TO THE STREET AND CHASES AFTER IDO]

(GALLY SPEAKS TO THE DEAD BODY)

・・・死んでる・・・

…She’s dead…

まだ温かい・・・この人・・・たった今殺されたばかりだ・・・

The body is still warm… This person… was just killed…

まわりに犯人らしい人影は無いし・・・まさか・・・

But the culprit is nowhere to be found… It can’t be…

[GALLY CHASES AFTER IDO]

ガリィ:イド!

GALLY: Ido!

イド:ガ・・・ガリィ?どうして・・・?

IDO: G-Gally?  But, how–?

ガリィ:私・・・ぜんぶ知ってるわ!

GALLY: I– I know everything!

ガリィ:私のこの腕も足も、人を殺して盗んできたものなんでしょ?

GALLY: You robbed and killed people for my arms and legs, didn’t you?

イド:なんだって?

IDO: What are you saying?

ガリィ:これ以上私のために人を殺すのはやめて!

GALLY: Don’t kill anymore people for me!

イド:なにを・・・

IDO: What do–

ガリィ:イド!

GALLY: Ido!

イド:・・・しまった!

IDO: …Damn!

イド:ガリィ! 危ない! 早く逃げろ!

IDO: Gally!  Look out! Get out of here!

イド:連続殺人犯・・・

IDO: The serial killer–

イド:この女だ!

IDO: –Is this woman!

ガリィ:イドを・・・

GALLY: I won’t…

ガリィ:死なせる

GALLY: Let you…

ガリィ:もんか!

GALLY: Kill Ido!

[GALLY DEFEATS THE MUTANT WOMAN]

イド:ガ・・・ガリィ・・・

IDO: G-Gally!

ガリィ:あ・・・あれっ?

GALLY: H-Huh?

ガリィ:わたし・・・無意識のうちに・・・?

GALLY: My body…moved on its own…?

イド:今の技は・・・火星古武術<機甲術(パンツァー・クンスト)>の技・・・!?

IDO:  That fighting style… Was that the Martian Martial Art… The “Panzer Kunst”!?

[THE FOLLOWING MORNING]

イド:犯人の通り魔は、ミュータントの女だったそうだよ。

IDO:  So, it turns out the killer was that Mutant Woman.

イド:自分よりきれいなボディパーツを着けた女性を無差別に殺してたらしい。

IDO: Looks like she indiscriminately killed women with more beautiful body parts than her own.

イド:さっきファクトリーに賞金を取りに行ったとき担当者がそう言ってた。

IDO: At least, that’s what the Factory personnel said, when I went there to claim her bounty.

ガリィ:カン違いしてごめんなさい。私てっきりイドが通り魔事件の犯人なんじゃないかって・・・

GALLY:  I’m so sorry for misunderstanding.  I assumed you were the one behind the serial killings…

イド:いや、僕の方こそ黙っててすまなかった。

IDO: No, I’m sorry for leaving you in the dark.

イド:僕がハンター・ウォリアーをやっていることを、どうも言いだしにくくてね。

IDO: I didn’t want to tell you about what I do as a Hunter-Warrior.

イド:それに君のボディも、殺された犠牲者が着けてたものをファクトリーから払い下げたものだったから、よけいに言い出しにくくなってしまって・・・

IDO: And your body, too– which is made from the parts of murder victims, sold by the Factory… It all became such a difficult topic to bring up…

ガリィ:イドが、整備処のお仕事の他にあんな危ない仕事もしてたなんて・・・

GALLY: Your work outside of the repair shop sounds quite dangerous…

イド:ああ・・・大昔は<警察>というものがあって犯罪を取り締まったそうだけどね。

IDO: Well… A long time ago, something called the “police” used to take care of criminals.

イド:クズ鉄町じゃファクトリーが犯罪に賞金をかけて、僕みたいなハンター・ウォリアーがその賞金首を追うわけさ。

IDO: Nowadays, the Factory places rewards on the heads of criminals, and Hunter-Warriors like me go after the bounties.

ガリィ:ふ〜ん・・・

GALLY: Hmm…

イド:よし、治療終わり!

IDO: All right, your treatment is done!

ガリィ:イド!

GALLY: Ido!

イド:なんだい?

IDO: Yes?

ガリィ:私でもハンター・ウォリアーになれるの?

GALLY: What if I become a Hunter-Warrior?

イド:!?

IDO: !?

ガリィ:私もハンター・ウォリアーになるわ!

GALLY: I want to become a Hunter-Warrior!

イド:何を馬鹿なことを!!

IDO: What kind of nonsense is that!!

イド:僕は、そんな事をさせるために君をガレキの下から掘り出してきたんじゃあない!

IDO: I didn’t dig you out of the rubble for something like that!

ガリィ:だって・・・

GALLY: But…

イド:君をもっともっと美しい存在にする事が僕の夢なんだ!!

IDO: My dream is for you to remain beautiful– and to only grow more, and more beautiful!

イド:僕は許さないぞ!君がハンターになる事など!!

IDO: won’t forgive you, if you become a Hunter!!

ガリィ:だって私のためにイドが危ない仕事をしているの見ていられないもの・・・

GALLY: But I can’t just watch you risk your life for me…

イド:君は何も分かっちゃいない!

IDO: You don’t understand!

イド:どれだけ賞金稼ぎが汚い仕事かって事が!

IDO:  Bounty hunting is dirty work– Dirtier than you realize!

イド:ガリィ・・・君のためになら僕はいくらでも罪人の首をはねよう・・・

IDO: Gally… For you, I’ll behead as many criminals as it takes–

喜んで返り血もあびよう・・・

Splash me with blood–

イド:しかし、君には僕の夢のままでいてほしいんだ!!

IDO: But, you must remain as you are in my dreams!!

ガリィ:私はイドの着せ替え人形じゃないわ!!

GALLY: I’m not your dress-up doll!!

イド:ガリィ!

IDO: Gally!

イド:・・・

IDO: …

イド:・・・君の言う通りさ・・・。君の生き方までコントロールしようと思った僕が悪い・・・

IDO: …You’re right…  I was wrong for trying to control your life…

イド:でも・・・なぜ・・・

IDO: But… Why…

イド:よりによってハンター・ウォリアーなんだ・・・?

IDO: Of all things… Why a Hunter-Warrior?

ミュータントの戦いで、ガリィは無意識のうちに<機甲術(パンツァー・クンスト)>を使っていた・・・

In her fight against the Mutant, Gally used the Panzer Kunst on instinct…

記憶は失っていても、彼女には戦いの血が流れているのかもしれない・・・

Though her memory is lost… perhaps the blood of a fighter flows through her veins…

イド:・・・宿命ってやつかな・・・?

IDO: Could it be… “destiny”…?

Chapter 1: Ido and Makaku Part 2.5 — Intermediate Dialogue

Chapter 1: Ido and Makaku Part 2.5 — Intermediate Dialogue

Translation Notes:
The following dialogue includes all possible conversations which may take place between the last chunk of the main storyline and Gally leaving the repair shop to visit the street.  None of the optional conversations with NPCs on the street are translated here.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Notes about specific lines of dialogue: 
でも、ストリートに行くっていうのはいい経験かもね。あそこをみれば、このクズ鉄町がどういう所なのか、よく分かると思うよ。
A more literal translation: “…But you’ll probably have a good time on the Street.  I think you can really get to know what kind of place Scrap Iron City is by just looking at it.” I decided to say “these streets” instead of “what kind of place Scrap Iron City is” because it sounds smoother in English, and the meaning is essentially the same.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[GALLY SPEAKS TO IDO]

イド: どうしたんだい?ストリートまでの行き方を、もう一度説明しておこうか?

IDO: What’s up?  Should I explain the directions to the Street one more time?

————————————

ガリィ:

もう一回説明して

大丈夫、もう覚えたよ

————————————

GALLY:

EXPLAIN IT ONE MORE TIME.

IT’S OKAY, I ALREADY MEMORIZED THEM.

————————————

(EXPLAIN IT ONE MORE TIME.)

イド: ストリートに行くには、まず、整備処を出てまっすぐ進むんだ。すると、画面がワールドマップに切り替わる。

IDO: To get to the Street, first exit the repair shop and walk straight forward.  Then, the screen will switch to the World Map.

イド: ワールドマップ上は、赤く明滅する点が・・・現時点で2つ表示されていて、その一方にイド整備処と表示されているはずだ。

IDO: There are blinking red dots on the World Map— two at the moment.  At one position, it should say Ido’s Repair Shop”.

これが君の今いる場所を示している。

This indicates your current location.

イド: ワールドマップ上で方向キーを入れると、イド整備処と表示が消えて、かわりにストリートと表示されるから、その状態で〇ボタンを押す。

IDO: Change positions with the D-pad until the World Map says Street”, not “Ido’s Repair Shop”.  Then press the 〇 button.

そうすることによって、ストリートへ移動することができるんだよ。

Do this in order to go the Street.

イド: じゃあ、行ってらっしゃい。あまい遅くならないようにね。

IDO:  Well then, have a nice day!  Don’t stay out too late!

(IT’S OKAY, I ALREADY MEMORIZED THEM.)

イド: じゃあ、行ってらっしゃい。あまい遅くならないようにね。

IDO:  Well then, have a nice day!  Don’t stay out too late!

[GALLY SPEAKS TO THE CITIZEN ON THE 4TH FLOOR]

市民:やあ、お嬢ちゃん。ストリートの方に行ってくるんだって?

CITIZEN: Hey, lil’ lady.  You headin’ out for the Street?

市民:お嬢ちゃんはクズ鉄町にやってきて、まだ日が浅いんだよね?じゃあ少し面食らうかもしれないなあ。なんせ、ガラの悪い連中が多いから・・・

CITIZEN:  You’re still new to Scrap Iron City, aren’t ya?  So you might be a little out of the loop.  Well, there’s a lot a’ hoodlums out there…

市民:でも、ストリートに行くっていうのはいい経験かもね。あそこをみれば、このクズ鉄町がどういう所なのか、よく分かると思うよ。

CITIZEN: …But you’ll probably have a good time on the Street.  I think you can really get to know these streets by just lookin’ around.

[GALLY SPEAKS TO THE CITIZEN A SECOND TIME]

市民:ストリートから細い路地に入って行くときなどは特に気を付けるようにしなよ。路地裏には犯罪者も大勢ひそんでいたりするからね。

CITIZEN: Be careful– ‘specially when enterin’ narrow alleys from the Street.  Lots a’ criminals lurk in those alleyways.

[GALLY TRIES TO LEAVE THE BUILDING]

ゴンズ:おおい、ガリィちゃん!

GONZU: Waaait, Gally!

ゴンズ:ほっほっほ。どうやら昨夜はメイワクかけちまったみたいだなあ。

GONZU: Ho, ho, ho.  Looks like I was a real bother last night.

ゴンズ:反省しとるよ。自分じゃ全然覚えとらんのだがな。

GONZU: Apologies.  I completely forgot myself.

ゴンズ:ところで、今からおでかけかね?

GONZU: By the way, are you going out?

まあ、あまり遅くならんうちに帰ってくるようにした方がいい。

Well, you shouldn’t stay out too late.

ゴンズ:ここのところ、女ばかりを狙った連続殺人事件が起きてるらしいからな。

GONZU: Looks like there’s a serial killer out there… and he only goes after women.

[GALLY SPEAKS TO GONZU AGAIN]

ゴンズ:ストリートに行くのなら、あまり遅くならんうちに帰ってくるようにするんだぞ。

GONZU: If you’re goin’ to the Street, don’t stay out too late.

[GALLY LEAVES THE REPAIR SHOP]

(GALLY SPEAKS TO THE CITIZEN WITH THE WHITE HAT)

市民:おまえさん、ここの患者かと思ってたら、イド先生と一緒に住んでるらしいな?

CITIZEN: Hey, stranger.  I thought you were a patient here, but you really live with Dr. Ido?

市民:じゃアその腕は、イド先生に付けてもらったものなのか?

CITIZEN: So, did Dr. Ido give you those arms?

市民:いいボディパーツじゃないか?こりゃあかなり上等なモンだぜ?イド先生・・・相当フンパツしたとみえる・・・

CITIZEN: Aren’t those some nice body parts?  First-rate, I’d say… Looks like Dr. Ido really splurged on ‘em…

市民:だけど、イド先生は、金のない患者の容態まで診てやったりしてるようだから・・・

CITIZEN: But Dr. Ido doesn’t seem to make much from diagnosing patients…

この整備処に、こんな高級パーツを買うほどの余裕があるとは思えないのだがなァ・・・?

Didn’t think the repair shop could afford such luxury parts…

(GALLY SPEAKS TO THE CITIZEN WITH THE WHITE HAT A SECOND TIME)

市民:ああ、ストリートに出るのなら注意したほうがいいぜ。

CITIZEN: Ah, be vigilant if you go out on the Street.

市民:歩いてるところをいきなり押さえつけて、ボディパーツを盗んでいくパーツ強盗なんて野郎もいるからな。狙われないように十分気を付けるこった。

CITIZEN: One moment, you’re out walking– The next, a body parts thief pins you down and steals your parts.  Keep a sharp eye, so not to be their next target!

(GALLY SPEAKS TO THE BIG MUSCULAR CITIZEN)

市民:ストリートへ行くのかい?だったら少し用心しておいた方だいいよ。

CITIZEN: Are you going out on the Street?  Then you better be a little cautious…

市民:だって・・・キミ、すごく高価ろうなボディパーツをつけてるじゃないか?

CITIZEN: Afterall… those are some very expensive body parts you’ve got on, right?

市民:そんな上等なパーツをつけたままで、不用意に路地裏なんかに入っていったら、何が出てきてもおかしくないよ。

CITIZEN: You could get jumped if you wander carelessly into an alley with such high-end parts.

市民:・・・最近また連続殺人事件なんかが発生してるみたいだしね・・・

CITIZEN: …It looks like there’s been a number of serial killings lately…

市民:クズ鉄町は昔から治安が良くないのさ。いろんな奴が住んでるからね。

CITIZEN: Scrap Iron City isn’t a very safe place.  There’s all sorts of people out here…

(GALLY SPEAKS TO THE BIG MUSCULAR CITIZEN A SECOND TIME)

市民:ストリートへ行く方法は、ちゃんと知ってるのかい?

CITIZEN: Do you know how to get to the Street?

———————————————-

ガリィ:

確認しとこうかな?

もう知ってるもん!

———————————————-

GALLY:

COULD YOU MAKE SURE?

I ALREADY KNOW!

———————————————-

(COULD YOU MAKE SURE?)

市民:ストリートへ行く方法は、まずここをまっすぐ歩いていけばいいのさ。一定以上進むと、画面がワールドマップに切り替わる。

CITIZEN:  Here’s how to get to the Street— First, walk straight forward from here.  Beyond this checkpoint, the screen will switch to the World Map.

市民:ワールドマップ上は、赤く明滅する点が・・・現時点で2つ表示されていて、その一方にイド整備処と表示されているはずだ。

CITIZEN: There are blinking red dots on the World Map— two at the moment.  At one position,  it should say Ido’s Repair Shop.

これが、キミの今いる場所を示しているんだ。

This indicates your current location.

市民:ワールドマップ上で方向キーを入れると、イド整備処と表示が消えて、かわりにストリートと表示されるから、その状態で〇ボタンを押す。

CITIZEN: Change positions with the D-pad until the World Map says Street”, not “Ido’s Repair Shop”.  Then press the 〇 button.

そうすることによって、ストリートへ移動することができるんだよ。

Do this in order to go to the Street.

市民:ここに帰ってく時はその逆で、ワールドマップ上でイド・ダイスケ整備処を選択してやればいいよ。

CITIZEN: If you want to come back here, just select Ido Daisuke’s Repair Shop” on the World Map.

市民:ストリートに出がける際には、十分注意した方がいいよ。

CITIZEN: You’d best be careful when going out on the Street.

市民:あの付近には、かなりアブナイ連中が大勢いるからね・・・

CITIZEN: There’s a lot of dangerous people in that area…

(I ALREADY KNOW!)

市民:ストリートに出がける際には、十分注意した方がいいよ。

CITIZEN: You’d best be careful when you going out on the Street.

市民:あの付近には、かなりアブナイ連中が大勢いるからね・・・

CITIZEN:  There’s a lot of dangerous people in that area…

[GALLY GOES ON THE STREET]